Motion Arrayの無料プランは商用利用できる?著作権は?

Motion Arrayの無料プランは商用利用できる?著作権は?

大手企業も導入しているMotion Array(モーションアレイ)とは?

Motion Array(モーションアレイ)とは、動画制作のための素材がダウンロードできるサービスです。

動画・音声・編集テンプレートなどの素材が計100万個以上も用意されており、これらを使用すれば、プロさながらの高クオリティな動画を効率よく作成できるでしょう。

利用プランは、3種類の月額プランが用意されており、利用状況に合わせてプランを選択できます。

動画編集はしたいけど撮影技術がない方や、良い音楽g

Motion Array(モーションアレイ)の無料プランについて

Motion Array(モーションアレイ)には、無料のお試しプランも用意されています。

無料プランはいくつかの制限があるものの、素材をダウンロードして利用できるので、試しに利用してみたい方にはぴったりです。

Motion Arrayを使いこなせるか分からない、使い勝手が知りたいと感じる方は、まずこちらの無料プランから利用してみましょう。

無料プランは商用利用できる?

Motion Arrayの無料プランは、動画素材を商用利用することが出来ます。

注意
素材によって商用利用ができないものもありますので、注意が必要です。
MEMO
商用利用可能なものかどうかは、素材検索画面の左側にある「絞り込み機能」から絞り込んで検索できます。

「All Usage Rights(全ての利用権限)」となっている項目をクリックして、「Commercial Use(商用利用可能)」を選択しましょう。

さらに、一番下の「Free assets」のチェックボックにチェックを入れると、無料プランで利用できる素材のみに絞り込めます。

この状態で絞り込み検索を行えば、無料利用・商用利用ができる素材のみを表示させることが可能です。

参考 Can I Use Free Assets Commercially?Motion Array HP
注意
無料期間中に素材を大量にダウンロードしても、無料期間が終了した場合は、ダウンロード済みの素材を動画に使用することは認められていません。動画の編集途中であった場合には書き出し・公開ができませんので、ご注意ください。

無料プランのダウンロード制限について

Motion Arrayの無料プランには、ダウンロード制限がありません。

無料利用ができる素材であれば、上限なくいくつでもダウンロードできます。

注意
無料利用ができない素材を利用したい場合は、月額プランもしくは買い切りプランに入会する必要があるため、注意しましょう。

無料プランの注意点

無料プランの注意点は、前述の通り「無料素材しかダウンロードできない」という点です。

月額プランでダウンロードできる素材と比較すると、無料で利用できる素材の数はかなり少ないので、不便を感じる場面も多いでしょう。

また、「Video Review Tool」や「Portfolio Site Builder」といった動画編集関連のツールを利用できますが、利用期間は1か月間のみです。

このように、ダウンロードできる素材の種類や、ツールの利用期間に制限があるのが、無料プランを利用するうえでの注意点となります。

Motion Array(モーションアレイ)の有料プランについて

Motion Arrayには、定額料金で利用できるサブスクリプション制の有料プランもあります。

有料プランでは、100万個以上の素材をダウンロードできるため、本格的に動画編集をしたい方にはおすすめです。

Motion Arrayの有料プランで使用できる動画素材について、利用許諾範囲や著作権、ダウンロード制限などは、以下のようになっています。

利用許諾範囲個人利用および商用利用
著作権フリー(一部、制限あり)
ダウンロード制限なし
解約後の使用不可(契約中に作成した作品の公開は可能)

以下の項目では、上記の内容についてそれぞれ詳しく解説します。

有料プランの契約をご検討中の方は、ぜひ契約前にご確認ください。

利用許諾範囲や著作権について

Motion Arrayでダウンロードできる素材の利用許諾範囲は、「個人利用」および「商用利用」です。

また、Motion Arrayの動画素材は基本的に著作権はフリーとなっているので、クレジットを記載することなく利用できます。

ただし、以下の記載がある素材に関しては、商用利用や収益化ができなかったり、別途で使用料を支払わなくてはならなかったりしますので、注意が必要です。

Editorial use only非営利目的での使用のみ可能、商用利用不可
P.R.O. Registered Track商用利用した場合、別途で著作権管理団体への利用料支払いが発生する場合あり
YouTube Content ID収益化不可

上記の記載があるものは、著作権上の問題で商用利用に関して問題があります。

そのため、絞り込み検索で上記のものを排除して、素材を選定したほうが良いでしょう。

有料プランのダウンロード制限はある?

有料プランでは、ダウンロード制限なく素材を利用できます。

100万個以上の素材を無制限に利用できるのは、Motion Arrayの大きな強みです。

ビジネスやエンターテイメント、MVなどさまざまなシーンで利用できる素材が豊富に揃っていますので、ジャンル問わず使用でき、あらゆる動画編集者におすすめできます。

有料プラン解約後も素材を使用しても大丈夫?

有料プラン解約後は、ダウンロードした素材を使用できません。

ただし、有料プラン契約中に作成が完了した動画については、継続して公開できます。

商用利用している場合でも、解約後に料金が請求されることはなく、継続して利用可能です。

注意
契約中に素材を大量にダウンロードしても、契約期間が終了した場合は、ダウンロード済みの素材を動画に使用することは認められていません。動画の編集途中であった場合には書き出し・公開ができませんので、ご注意ください。

【注意】Editorial use only(エディトリアル使用のみ)とは?

教育機関
公共サービスの宣伝
非営利目的の動画
映画×
テレビ番組×
広告収益化した動画×

商用利用できない素材には、ダウンロードボタン下に「Editorial use only. Not for commercial use.」という一文があります。

「 Editorial use only. 」は「非営利での利用のみ可能」という意味で、商用利用不可能であることを意味します。

この記載は、主に有名企業のロゴやモデルでない一般人が写っている素材などに記載されているもので、上記要因によって商用利用ができないのです。

例えば、商用の広告動画や、収益化したYouTubeチャンネルの動画、テレビ番組、映画などへの使用はできません。

「 Editorial use only. 」の記載がある場合、教育機関や公共サービスの宣伝をはじめとした非営利目的であれば、利用可能です。

参考 What does Editorial Use Only mean?Motion Array HP

Motion Array(モーションアレイ)の料金プランを詳しく解説

それでは、Motion Arrayの料金プランについてご紹介します。

Motion Arrayは料金が米ドルで設定されておりますので、本記事では1ドル=146円で計算しています。

為替の状況によっては、日本円での利用料金が変動しますので、契約前にはドル円のレートを確認してからご契約ください。

サブスクプラン(月額制)は3種類※146円で換算

サブスクプランの種類料金
月々更新プラン29.99ドル/月額4,379円
年間更新プラン249.99ドル/年額36,499円(月額換算:3,041円)
チームプラン37.50ドル(2-20人用)/月額5,475円

Motion Arrayのサブスクプランは、上記の3種類です。

主な違いは「月払いか年払いか」と「利用人数」で、複数人で利用する場合は「チームプラン」を利用する必要があります。

それぞれのプランについて以下で解説しますので、契約前の参考にしてください。

月々更新プラン 29.99ドル 月額:4,379円

月々更新プランは、1か月ごとに料金を支払ってMotion Arrayを利用するプランです。

1回ごとの支払いは少額ですが、年間更新プランとくらべて1か月あたりの料金は高額になります。

試しに数ヶ月だけ利用したい方や、一度に4万円近く払うのは厳しいという方は、こちらのプランがおすすめです。

年間更新プラン 249.99ドル 年額36,499円 (月額換算:3,041円)

年間更新プランは、年額36,499円で1年ごとに契約して利用するプランです。

1回あたりの支払いは高額ですが、月額料金では月々更新プランに比べて月額約1,300円、年間では約16,000円もお得になります。

無料プランを使用してみて、長期的に利用したいと感じた方は、こちらの年間更新プランがおすすめです。

チームプラン 37.50ドル 月額:5,475円(2-20人用)

チームプランは、2〜20人で使用する方向けの有料プランです。

月額が5,475円で、2人で利用する場合は1人あたり月額約2,737円、20人で利用する場合は1人約274円で利用できます。

個人プランよりも圧倒的にお得な料金で利用できますので、編集チームがある場合には、こちらのプランを利用しましょう。

素材買取プラン

Motion Arrayでは、自作した動画素材をアップロードして販売することも可能です。

得られる収益はダウンロード数や素材ジャンルによって変動し、Premiere Pro テンプレートであれば最大50%のロイヤリティを獲得できます。

ダウンロード数ごとの詳しいロイヤリティの割合に関しては、以下のページをご覧ください。

参考 How will I earn royalties as a Motion Array artist?Motion Array HP

Motion Array(モーションアレイ)に関する、よくある質問

Motion Arrayは比較的新しいサービスのため、利用に関してはさまざまな疑問があるでしょう。

特に、より安く利用できないか、また解約はスムーズに行えるかといった部分で、疑問を感じる方が多いようです。

以下では、Motion Arrayのキャンペーンや解約方法をはじめとしたよくある疑問について、回答します。

Motion Arrayのキャンペーンは?

Motion Arrayでは、時期によってプラン料金の割引キャンペーンを実施しています。

キャンペーンの時期や割引料金は不定なので、もしキャンペーンを行ってたら、すぐに契約するのがおすすめです。

Motion Arrayのホームページで告知が無い場合でも、各メディアサイトなどでキャンペーン告知をしている場合もあります。

そのため、定期的に最新情報をチェックしておくのがおすすめです。

Motion Arrayの割引クーポンコードはある?

Motion Arrayの割引クーポンコードは、現在のところありません。

基本的には、キャンペーンURLから契約して料金割引が適用されるシステムとなっています。

キャンペーンが実施されましたら、こちらでもキャンペーンURLを設置しますので、ぜひご期待ください。

お客さんに納品(クライアントワーク)する場合はどのプランを選択すればいいの?

取引先に納品する場合、いずれのプランでも問題ありません。

ただし、素材をそのまま取引先に提供することはできず、あくまで素材を使用した動画を納品することのみ可能となっています。

もし、取引先でも編集する場合や、チームで編集を行う場合は、チーム全員がプランに加入している必要がありますので、ご注意ください。

Motion Arrayは日本語に対応してる?

2022年11月現在、Motion Arrayは日本語に対応していません。

しかし、絞り込み検索などはとても使いやすく、英語が苦手な方でも大きな問題なく利用できるでしょう。

Motion Arrayは日本の利用者も多く、ネット上で解説記事をアップしている方もたくさんいるため、分からないことがあっても少し調べれば解決することがほとんどです。

もし、日本語が非対応で不安と感じる方は、無料プランで試してみることをおすすめします。

Motion Arrayを解約する方法は?

Motion Arrayの有料プランを解約したい場合は、以下の手順で解約できます。

  1. Motion Arrayトップページ右上のアカウント画像をクリックし、メニューにある「My Account」をクリック
  2. 左側のメニュー欄から「Manage subscription」をクリック
  3. 「···」をクリックし、「Change Plan」を選択
  4. 下へスクロールし、「DOWNGRADE TO FREE」を選択
参考 How Do I Downgrade Or Cancel My Account?Motion Array HP

上記手順で、有料プランを解約して無料プランへ移行できます。

無料プランへの手続きをしても、契約期間内は有料プランのサービスを受けられますので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA