YouTubeの再生数が増えない3つの理由

YouTubeは多くの著名人や企業の相次ぐ参入で、飽和状態になりつつありますが

検索エンジン(Yahoo検索やGoogle検索など)と比較すると、まだまだ十分にチャンスがあるジャンルです。

検索エンジンで上位表示するのは、時間とコストがかかり困難です。

一方、YouTube上のほとんどのコンテンツは、個人が制作した動画なのでクオリティが低いです。

YouTubeの再生回数が増えない理由

YouTubeの再生回数が増えない理由

再生回数が増えない理由は3つあります。

①開設したばかりの新規チャンネル

YouTubeのチャンネルを開設し、動画をアップロードしても、しばらくの間はほとんど再生されません。

YouTubeには、チャンネル自体に評価が溜まるアルゴリズムがあります。

注意
広告単価もチャンネルの評価で決まっている可能性が高いです。再生維持率の低い動画を削除すると広告単価が上がりました。有名YouTuberも定期的にサブチャンネルへ動画の移動を行っています。
解決策
  • SNSでシェアされそうな面白いコンテンツを作成する
  • 動画を定期的にアップロードし、少しずつ評価をためていく
  • 評価されているチャンネルを購入する
注意
チャンネルの売買はYouTube規約に明確な禁止文言はありませんが、アカウント停止等のリスクがある方法です。しかし、サイト売買プラットフォーム等で、頻繁に売買が行われています。

②検索ニーズがない動画を投稿している

YouTube上で検索数が少ないテーマやキーワードの動画を作っても、再生されません。

再生されないので、チャンネルの評価も溜まりません。

検索ニーズのない動画を作ることは、本当に無駄です。

検索ニーズのある穴場のテーマやキーワード見つける方法

YouTubeの検索でキーワードを入力します。

キーワードを入力した時に出るサジェスト(検索候補)の中を順番にクリックします。

チェックポイント
  • 1位から3位の動画クオリティ
  • 広告が大量に表示されていないか

サジェストをクリックし、上位表示されている動画のクオリティが高い場合は

そのキーワードは、一旦あきらめた方がいいです。

有名なYouTuberや企業が作成したコンテンツの場合、新規チャンネルから動画をアップしてもほぼ勝てません。

また、広告が多く表示される場合も同様で、競合が多いキーワードなので、一旦あきらめましょう

MEMO
最初は、サジェストキーワードで上位表示されるキーワードを見つけましょう

③動画のクオリティが低い

クオリティが低い動画は視聴回数の増加を妨げるだけでなく、YouTubeチャンネルの評価も下がってしまいます。

クオリティが低い動画
  • テンポが悪い
  • タイトルにそぐわない内容
  • 役に立たない
  • 音質や画質が悪い
  • オープニング動画がない

自信のある面白い内容でも、音声とBGMの比重が合っていなかったり、音割れしていたりすると「不快感」を与えてしまいます。

多くの人は聴覚や視覚的な部分で不快感を覚えると、途中離脱する可能性が高くなります。

結果的に低品質という事になるので、優先基準は「最後まで気持ちよく視聴できるかどうか」です。

重要なのは再生回数よりも、再生維持率

チャンネル開設当初は、再生回数よりも再生維持率の方が大切です。

MEMO
再生維持率とは・・動画の再生中に動画がどれぐらい視聴されているかを測る目安です。動画の終わりまで視聴されるほど評価が高いです。

YouTubeのアルゴリズムで重要なのは、再生回数ではありません。

大切な指標
  • 再生維持率
  • コメント数
  • 高評価と低評価の数

おすすめの動画の構成

動画の構成
  1. オープニング動画
  2. ダイジェスト動画
  3. メインコンテンツ
  4. エンディング動画

結果が出ている、ビジネス系YouTubeコンテンツは、ほぼこの構成で作られています。

オープニング動画を作ることで、チャンネル名を覚えて検索してもらうことを促し、

ダイジェスト動画を冒頭で流すことで、再生維持率を高めています。

最後のエンディング動画で、チャンネル登録を促しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA