YouTubeの再生維持率を伸ばすやり方

再生維持率の伸ばし方

再生回数を上げる重要ポイントとして「再生維持率」を伸ばす必要があります。

長く視聴される動画はGoogle側に価値のある動画とみなされるので「関連動画」や「あなたへのおすすめ」に掲載されやすくなります。

掲載されると以前よりも数倍のアクセスが流れて、今まで自分の動画を知らなかった人たちが視聴してくれます。

この状態がいわゆる「バズる」というもので、結果的に登録者が増加したり、今までに上げたコンテンツも沢山再生されます。

爆発を起こすには、とにかく再生維持率を高めなければなりません。

MEMO
アナリティクスで「ブラウジング機能」のグラフが上昇していると、爆発している状態ということになります。

最初の15秒でワクワクさせる【ダイジェスト動画が効果的】

テレビCMやYouTube広告のほとんどは15秒でまとめられています。

理由としては、人がじっくりと集中できるのは15秒が限界だからです。

ホイポイマン

言われてみれば最初の15秒くらいで「続きを見るかどうか」を無意識に決めてるかも!

なので人気なYouTuberは、最初の掴みとして15秒間で重要場面を流している事が多いです。

それは「一番面白いシーン」だったり「一番大事なポイント」など、とにかく一番伝えたい部分だと言えるでしょう。

人は気になるものを見ると答えを知りたくなるので、結果的に最後まで動画を見てくれる確率が高まります。

是非15秒の法則を取り入れて、冒頭にダイジェスト映像を入れるようにしてみて下さい。

動画ジャンルを統一させる

大物YouTuberは別として、まだチャンネルが万単位にも満たない方が意識した方がいいのは「チャンネルに専門性を持たせる」という事です。

誰も自分のことを認知していない状況で、様々なジャンルの動画を出したとしても再生数は見込めません。

YouTubeで一気に伸びていくチャンネルは、〇〇専門店のような「ここでしかできない事、見れない場所」を視聴者に提供しています。

多くの芸能人がYouTubeに参入する中で、無名の個人が隙間を潜り抜けるには、専門性を持つことが重要です。

MEMO
まずは自分ができそうな突出したジャンルを探すことから立ち戻るのもいいでしょう。

質や斬新さを意識する

再生維持率を伸ばすために重要なこととして、質や斬新さを意識する必要があります。

意識すべきポイント
  • こだわりを持って何度も見たくなる動画を作る
  • 誰も見たことのない斬新さを取り入れる

一見すると当たり前で誰もが知っていることだと思います。

ただ、再生回数が低い動画は「どちらも満たしていない」というのが事実です。

例外として、動画素材がそのまま面白い内容であれば、編集をしないでいい場合もあります。

しかし撮影の時点で面白くできる人は、喋りが上手い人やプロの芸人などの一部の人しかできません。

何度も見たくなるように作り込む

繰り返し見たくなるような動画は、必然的に再生維持率が上がります。

また、実際に何度も見られていると「高評価」や「コメント数」が多くなります。

確かに音楽のMVなんかも評価とコメント欄が多いよね!

音楽太郎

繰り返し視聴される動画は、Googleから価値のあるコンテンツとして評価されるので、関連動画やおすすめに高い頻度で掲載されるようになります。

ジャンル別の具体例
  • 教育系:数十分の長い動画で細かくポイントに分けて解説する
  • エンタメ系:癖になる面白い動画を短くシンプルに作る
  • 筋トレ系:一緒に鍛えられる筋トレメニューを、カウントタイマー付きで作る

自分が映像制作をする際に「どうやったら何度も見たくなるか?」という意識を持つと、より質の高い映像が作れるでしょう。

注意
主観的な感覚ではなく、誰が見ても面白い内容かを重視してください

新感覚な企画を考える

視聴者は常に新しい作品を求めていて、好奇心が刺激されるような企画動画を出すと長く観てもらえます。

自分の得意分野や経験した事を、誰もやった事がない形で表現すると斬新な動画になります。

例えば「自転車で東京から大阪まで行く」という企画では、旅の景色を見せながら各地の情報や歴史について話しています。

こちらは斬新な企画なのでそれだけで惹きつけられますが、それに加えて各地の情報を喋っていくスタイルなので、視聴者に長く観てもらえる条件が揃っています。

何か自分が発信できる分野があれば、それに合わせて何か飽きられない要素を、プラスで付け加えるように意識してみてください。

まとめ

本記事ではYouTubeの再生回数が増えない理由と、その解決方法について紹介していきました。

種類が多くて戸惑う方もいると思いますが、まずは自分ができそうなものから一つずつ実践してみてください。

コツコツと積み重ねて価値のある動画を作っていけば、個人差はありますが必ず結果は出てきます。

YouTubeは工夫と継続が大事なので、少しずつ問題要素を取り除いていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA