Audiostockの使い方とよくある質問

Audiostockのダウンロード方法は?

Audiostockは、画像一覧ページからダウンロードボタンを押すだけで、すぐに素材をダウンロードできます。

ダウンロード方法は「1素材ごとの」と「定額制プラン加入」の2種類です。

素材ごとのダウンロードでは、短いセリフ素材であれば500円前後、音楽素材であれば6,000円前後でダウンロードできます。

歌モノ素材だと、1万円前後の素材も少なくないため、歌モノ素材を多く利用したい場合は、有料プランに加入したほうが良いでしょう。

Audiostockのダウンロード上限は?

Audiostockでは、不正アクセス防止対策の一環として、動画配信者プランやスタンダードプランのダウンロード上限を「1日100ダウンロードまで」と定めています。

制限があると不安に思うかもしれませんが、1日で短編映画を作るといった環境でない限り、100ダウンロード以上必要となるケースはあまりないでしょう。

また、翌日になればまた100素材をダウンロードできますので、あまり心配する必要はないかと思われます。

なお、エンタープライズプランに関してはダウンロード制限がなく、無制限で素材をダウンロード可能です。

Audiostockの検索の仕方は?

Audiostockで素材を検索したい場合は、まずトップページから欲しい素材のジャンルを選択しましょう。

トップページには「BGM」「効果音」「ボイス」「歌」の4ジャンルのボタンが用意されていますので、初心者でも検索しやすくなっています。

そして、ジャンルごとのページに移ったら、左側のカテゴリ選択や、画面上部の絞り込み検索機能を使って、素材を検索していきます。

画面左上の検索窓では、「バーン」「ジャーン」「ピコピコ」といった擬音検索ができるほか、音声ファイルやYouTube動画を使って類似素材を探すこともできるので、ぜひ活用してください。

Audiostockのライセンス期間は?解約後はどうなるの?

Audiostockの有料プランにおけるライセンス期間は、制作物の状態によって異なります。

まず、有料プラン契約中に制作が完了しているものや、アップロードが済んでいるものに関しては、永久ライセンス扱いです。

契約中に1度でも利用しているのであれば、再度利用することもできます。

一方、まだ制作に使用しておらず、手元にあるだけの素材に関しては、制作に使用することはできません。

こうした違いがあるため、契約期間中にダウンロードした素材に関しては、1度で良いので使用しておいたほうが良いでしょう。

Audiostockの支払い方法は?

Audiostockの支払い方法は、「有料プラン」か「単品購入」かによって異なります。

まず、有料プラン・単品購入共通で利用できる料金支払い方法はクレジットカード決済です。

対応している国際ブランドは、下記の5種類となっています。

  • VISA
  • American Express
  • Mastercard
  • JCB
  • Diners Club

また、法人の場合は請求書払い(月末締め)も利用することが可能です。

請求書払いでは、メールでの電子請求書のほかに、紙の請求書を送ってもらうこともできます。

なお、単品購入では以外の支払い方法も選択できますので、詳しくは以下の内容を参考にしてください。

Audiostockはクレジットカード以外で支払うことはできる?

Audiostockの素材を単品購入する場合、料金支払い方法では「コンビニ支払い」「プリペイド支払い」「銀行振込」も選択可能です。

ただし、コンビニ支払いや銀行振込を利用する場合、支払い完了後まで素材は利用できませんので、即座に利用したい場合はほかの支払い方法を選択したほうが良いでしょう。

また、前述した請求書払いを利用する場合も、時間がかかるケースがあります。

出来る限り早くダウンロード・利用がしたいという方は、基本的にクレジットカード払いがおすすめです。

Audiostockの返金方法は?

Audiostockでは、基本的に返金対応を受け付けていません。

利用規約でも、そういった内容が明記されています。

【Audiostock利用規約 第3章 第12条】

会員は、購入済みの作品について、理由の如何を問わず、返品の申出及び返金の請求又は代金支払の拒絶は一切できません。

引用:Audiostock公式サイト Audiostock利用規約

上記の通り、プラン加入時や素材購入時に支払った代金を支払ってもらうことは、基本的にはできません。

ただし、Audiostock定額制利用規約にもあるように、急遽サービスの一部または全てが停止されるなどした場合は、運営元の判断で、料金が一部返金される可能性があります。

しかし、こうした大規模なトラブルが発生しておらず、利用者都合で返金を受け付けることはありませんので注意しましょう。

Audiostockっていくら?

Audiostockの利用料金は、単品の場合は数百円〜1万円程度、そして有料プランの場合は1〜2万円前後です。

Audiostockには、素材が使い放題になる有料プランが4種類用意されています。

それぞれ「個人の動画配信者向け」「法人向け」など内容が異なりますので、用途や事業形態などに合わせてプラン選択をするようにしましょう。

それでは、Audiostockの有料プラン料金について、以下で「月額」「年額」それぞれ解説します。

Audiostockって月額はいくら?

プラン月額
動画配信者プラン550円(年払い)
スタンダードプラン2,750円(月払い)/2,200円(年払い)
エンタープライズプラン22,000円〜
カスタマイズプラン要問い合わせ

Audiostockの月額は、上記のように550円〜22,000円と幅広く設定されています。

多くの動画編集者が利用するのは『動画配信者プラン』と『スタンダードプラン』でしょう。

中でも利用許諾範囲が広い『スタンダードプラン』は、年払いだけでなく月払いを選択することも可能です。

最初から1年分の料金を一括払いするのが不安という方でも、利用しやすいでしょう。

Audiostockって年会費はいくら?

プラン年会費
動画配信者プラン6,600円(年払い)
スタンダードプラン33,000円(月払い)/26,400円(年払い)
エンタープライズプラン264,000円〜
カスタマイズプラン要問い合わせ

Audiostockの年会費は、個人編集者向けプランの場合で6,600円〜33,000円です。

『スタンダードプラン』では、月払いと年払いで約6,000円の差が発生するので、気に入った場合はなるべく早く年払いに変更したほうが良いでしょう。

また、『動画配信者プラン』は最も安くAudiostockを利用できますが、クライアントワークで素材を利用できません。

テレビや企業CM、PV、アプリ、ゲームなどでの利用もできないため、外部委託の案件を請け負っている場合には、スタンダードプランがおすすめです。

Audiostockって結婚式で使えるの?

Audiostockの素材を結婚式で使えるかは、加入しているプランによって異なります。

動画配信者プラン以外の『スタンダードプラン』『エンタープライズプラン』であれば、結婚式をはじめとしたイベントで素材を利用できます。

しかし、動画配信者プランの場合だと、素材を結婚式で利用することができません。

そのため、もし結婚式で素材を利用する予定があるのであれば、動画配信者プラン以外のものを選択するようにしてください。

Audiostockのおすすめの曲

Audiostockは80万以上の作品が投稿されているため、どれが良いのか迷ってしまう方も多くいるでしょう。

筆者が厳選した音楽素材を以下でまとめてご紹介します。

  • 明るく軽快なイメージ No.1127376 かわいい、軽快、楽しい、バラエティ
  • コミカルなイメージ No.1159478 バイオリン/天気予報/ニュース/企業VP
  • コミカルなイメージ No.158501 コミカルな電子音系ポップス
  • コミカルなイメージ No.1152206 バラエティ系映像に!ポップで愉快
  • 落ち着いた大人っぽいイメージ No.806945 洋楽、チルアウト、ダークトラップ♪
  • 落ち着いた大人っぽいイメージ No.1050500 優しいニュース・天気予報 ピアノソロ
  • チルアウト系のイメージ No.806949 洋楽、チルアウト、ヒップホップトラック♪
  • チルアウト系のイメージ No.1224501 月明かりの下で聴きたいチルアウト・R&B

各ページでは、ページ下部に類似楽曲が表示されると思いますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA