動画撮影に絶対必要な機材は?

動画撮影に絶対に必要な機材リスト

動画撮影に絶対に必要な機材

動画を作るために、まず良い動画素材を用意しましょう。

良い動画素材を撮影できれば編集がしやすくなり、高品質なシネマティック動画を作りやすくなります。

逆に、構図や色味などがバラバラ(統一性が全くない)の動画素材を用意してしまうと、編集を頑張ってもクオリティの高い動画は作れません。

以下で紹介する道具をしっかりと揃えて、シネマティック動画にふさわしい動画素材を撮影してください。

① 【NDフィルター】屋外で撮影する場合、可変NDフィルターが必須

屋外で撮影する場合はNDフィルターが必須

屋外で撮影する場合は可変NDフィルターが必須です。

日中に撮影する場合NDフィルターを使用しないと、白飛びしてまともに撮影することが出来ません。

注意
フィルターは小さいほうが安いので、小さいレンズに合わせたくなりますがケラレや色むらが発生しやすくなります。
MEMO
ケラレや色むらは、フィルターの外側から発生しやすいので、フィルターは大き目のレンズに合わせて購入するのがおすすめです。ステップダウンリングを使えば他のレンズにも使用することが出来ます。

有名なビデオグラファーさんは、NiSiのNDフィルターを愛用していました。

ちょっと高いですが、おすすめです。

② 【明るいレンズ】F1.2~F2の明るいレンズを使って撮影する

F1.2~F2の明るいレンズを使って撮影する

シネマティック動画の撮影におすすめなのは、F1.2〜F2前後の明るいレンズです。

カメラレンズには「F値(絞り値)」という数値があり、F値が低いほど多くの光を取り込み、明るい映像が撮影できます。

そして、ボケ感が強くなって奥行きが出しやすくなり、シネマティック動画にふさわしい質感の動画が撮影しやすいのも、F値が低いレンズのメリットです。

MEMO
背景のボケ感に関してはレンズ依存になるので、自分の好きな画角のレンズでF値が低いレンズを1つもつのがおすすめです。

③ 【広角レンズから標準レンズ】35㎜~90㎜のレンズがおすすめ

カメラ機材おすすめ-広角レンズを避ける

動画を撮影する場合、レンズの焦点距離は35mm〜90mm前後のものがおすすめです。

静止画撮影の場合は肉眼に近い50mmが良いとされていますが、動画撮影の場合はより広角の35mm〜40mm程度が好まれます。

また、ズームを効かせて撮影したい場面にも対応できるよう、90mm程度の「中望遠レンズ」もあると便利でしょう。

注意点としては、20mm-150mmのようなズームの効くレンズの場合、F値が高くなりがちという点です。

前述の通りレンズのF値はF1.2〜F2前後が適していますので、明るめのズームレンズまたは単焦点レンズ2本を使い分けると良いでしょう。

APS-Cの一眼レフを使用している場合は、焦点距離が異なりますので、50mm〜140mm前後のレンズがおすすめです。

④ 【照明】室内で撮影する場合は、最低でも2つのライトが必要

日光の入らない室内は、肉眼で見る印象よりもかなり暗く、撮影するには光量が足りないケースが多くあります。

そのため、もし室内で撮影するのであれば、必ずライトを2つ以上、できれば3つのライトを用意しましょう。

ライトが複数あると影を自由に操ることができ、奥行きのあるシネマティック動画を撮影しやすくなります。

LEDライトを新たに購入する場合は、Ra90以上のものを選ぶのがおすすめです。

LEDライトには自然光をどのくらい再現したかを示す「Ra(演色性)」という数値があり、Ra90前後であれば自然な色味を出しやすくなります。

⑤ 【カメラ】60FPS以上で撮影できるカメラ

シネマティック動画を撮影するカメラを選ぶ際は、60FPS以上で撮影できるものを選びましょう。

FPSは「Frames per second」の略で、1秒間の動画が何フレームで構成されているかを示すフレームレートの数値です。

このFPS値が大きいほど、1秒あたりのフレーム数が大きくなり、滑らかな質感の動画に仕上がります。

シネマティック動画は最終的に24FPSで書き出しますが、60FPSで撮影をしておくと、スローエフェクトをかけやすくなるのがメリットです。

フレーム数の少ない24FPSで撮影してしまうと、スローエフェクトをかけた際にカクついてしまい、ぎこちない動画に仕上がってしまいます。

そのため、撮影時には60FPSで撮影をしておき、書き出し時に映画と同じ24FPSに落とすのがおすすめです。

MEMO
120FPSで撮影すると、超スローな映像表現が出来ます。

⑥ 【ジンバル】動いている被写体をブレなく撮影するジンバルが必須

動いている被写体をブレなく撮影するジンバルが必須

シネマティック動画を作成するためには、ブレの少ない動画素材が適しています。

そのため、撮影時はジンバルを撮影して、ブレのない動画を撮影をしましょう。

おすすめは「電動3軸補正」のジンバルで、モーターで手ブレを強力に抑制してくれます。

⑦ 【編集ソフト】有名なのは「Premiere Pro」か「Davinci Resolve」

シネマティック動画の多くは、Adobe社の「Premiere Pro」、もしくはBlackmagic Design社の「Davinci Resolve」で編集されています。

この2つはプロスペックのソフトのため、使い方を学ぶ必要がありますが、操作を覚えればあらゆる編集が自由自在に行えます。

Premiere Proはサブスクリプション、Davinci Resolveは基本無料で使用できるので、予算に余裕がない場合はDavinci Resolveがおすすめです。

どちらのソフトであっても、ある程度のマシンスペックを必要としますので、インストール前に推奨スペックを確認してください。

動画撮影時にあると便利な機材

動画撮影時にあると便利な機材を紹介します。

① 【サンフード】日差しが強い屋外でもしっかり視認できる

【サンフード】日差しが強い屋外でもしっかり視認できる

このサンフードを使えば格段に見やすくなります。

取付はスライドするだけなので簡単

折り畳みもできるので、持ち運びにも便利です。

 【カメラゲージ】拡張性アップ

カメラゲージで拡張性アップ

拡張パーツを取り付けるのに便利です。

ハーフリグであれば、FX3の手持ちハンドルもそのまま使えます。

③ 【ハンドル】グリップ力3倍で手が疲れない

カメラハンドルグリップのおすすめ

1万円を超える価格なので購入するか迷いましたが、品質が高く満足しています。

注意
ハンドルをを取り付ける場合は、カメラゲージが必要です。

④ 【ハンドストラップ】絶対にカメラを落としたくない人へ

ハンドストラップで落下防止

グリップ力と安心感を高めることが出来ます。

注意
ハンドストラップを取り付ける場合は、カメラゲージが必要です。

⑤ 【スライダー】ジンバルではできない超スローなスライド撮影が可能なスライダー

ジンバルではできない超スローなスライド撮影が可能なスライダー

スライダーとは、カメラをスライドさせて撮影できる機材のことです。

レールに沿わせて動かすため、ブレなくカメラを移動させることができ、ジンバルでは撮影できない超スロー撮影やなめらかな視点移動が可能となります。

初心者におすすめなのは「フライホイール」を実装したタイプや電動タイプで、これらはスライダーを初めて使う方でも速度ムラが出にくいのが特徴です。

ただし、フライホイールタイプは価格が高額で、重さもあるため、予算や撮影状況に合わせて選択してください。

⑥ 【ジンバルアクセサリー】ジンバルを延長する機材

created by Rinker
マンフロット(Manfrotto)

ダイナミックな映像を撮影する際に必須なアイテムです。

 

シネマティック動画撮影にあると便利な機材

① 【フィルター】ブラックミストフィルターで簡単シネマティック

ブラックミストフィルターで簡単シネマティック

動画も写真もシネマっぽく撮影できるので、大満足の商品です。

濃さは3種類あります。

3種類の濃さ

  • 1/8
  • 1/4
  • 1/2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA