YouTubeの広告収益の目安ってどのくらい?

YouTubeの広告収益の目安

YouTubeの広告単価は、ジャンルやチャンネルによって異なりますが、だいたい1再生あたり0.05〜0.5円の間と言われています。

ビジネス系 0.1〜0.5円
健康・美容系 0.1〜0.5円
恋愛系 0.1〜0.5円
キッズ・おもしろ系 0.05〜0.3円
ゲーム系 0.05〜0.3円

広告単価が高いジャンルは「教育系・ハウツー系」

広告単価が高いジャンルの特徴は、視聴者の意識が高い、悩みが深刻である、広告掲載する商品(サービス)の単価が高いなどの特徴があります。

比較的、広告単価が高い傾向にあるジャンルをまとめました。

ビジネス系・金融系

ビジネス系や金融系(不動産や株など)は、ユーザーの年齢層が比較的高く、高所得者が多いジャンルです。

勉強したいという意識が高いため、必要と思ってもらえれば、高単価の商品やサービスでも購入されやすいという特性があります。

健康・美容系

フィットネスやダイエットなどの健康系、整形やスキンケアなどの美容系も、ビジネス系と同様、意識の高いユーザーが多いのが特徴です。

広告の商品やサービスに関しても、高単価なものが多いため、自然と広告単価も高くなります。

恋愛系・スピリチュアル系

恋愛やスピリチュアル系は、悩みの深刻度が高いため、その分高単価の商品やサービスが購入される可能性が高くなります。

広告単価が低いジャンルは「エンタメ系」

広告単価が低いジャンルの特徴には、視聴者の購買意欲が低いという点が挙げられます。

広告単価が低いジャンルで代表的なものを、以下でご紹介します。

おもしろ系

いわゆる「エンタメ系」と呼ばれるおもしろ動画のことです。

これらは、知識やノウハウを教える教育系・ハウツー系に比べ、スキップや離脱がされやすく、視聴維持率が低い傾向にあります。

また、暇つぶし感覚で見ている視聴者も多いので、購買意欲は低めである可能性が高いです。

キッズ系

子ども向けのチャンネル・動画コンテンツです。

キッズというだけあって、対象が子どもであるため、購買に繋げるのが難しいジャンルの一つです。

広告単価を上げる方法

広告単価を上げる一番の方法は、広告単価の高いジャンルを選ぶことです。

とはいえ、今扱っているジャンルで少しでも単価を上げたいと考えている人も多いと思います。

そんな人に向けて、発信するジャンルを変えずに広告単価を上げる方法をご紹介します。

ジャンルとターゲットを絞る

企業(広告主)の商品やサービスのターゲット層にマッチしていた場合、ターゲットが狭いほど、購買意欲が高いと見なされます。

注意
ただターゲットを絞ればいいということではありません。

ニッチすぎて、広告掲載したい企業(広告主)がいないということにもなり兼ねないので、できるだけ需要の高いジャンルでターゲットを絞ることをおすすめします。

高い年齢層をターゲットにする

ジャンルにもよりますが、子どもより大人、若者より年齢の高い人に向けた動画の方が、広告単価が高くなりやすい傾向にあります。

視聴維持率の高い動画を作る

視聴維持率の高い動画=質の高い動画という評価になり、広告が掲載されやすくなります。

したがって、視聴維持率を高める、つまりできるだけ長く見てもらえる動画作りを心がけることが大切です。

動画の時間を長くする

具体的には、8分以上の動画です。

動画が8分以上になると、ミッドロール広告を動画内に複数回入れることができるためです。

注意
不必要な内容を入れて、無理に長い動画にすることはおすすめできません。

視聴維持率が下がってしまったり、視聴者が離れてしまう原因になります。

あくまで、視聴者目線で見やすい動画作りを心がけましょう。

広告単価が下がってしまう理由

広告単価が下がってしまうのには、さまざまな理由があり、中には改善の余地がない場合もあります。

本章では、代表的な3つの原因について解説します。

視聴維持率が低い

視聴維持率の低い動画は、質の低い動画と見なされ、広告の掲載がされづらくなります。

また、自動的に視聴者の再生時間も短くなるため、広告の表示回数も減ってしまいます。

低評価が多すぎる

高評価に比べ、低評価(バッド評価)の比率が高い場合です。

低評価の数が、直接的に広告掲載や収益に影響することはありません。

しかしながら、あまりにも低評価の比率が多い場合、ユーザーが動画の再生を控えることがあります。

時期

12月〜1月と3月〜4月は、企業の広告予算の兼ね合いで、広告出稿が減る傾向にあります。

それにより、広告単価も下がってしまうことが多いのです。

この場合は、そういう時期であると割り切って、単価が上がる時期に備えましょう。

広告収益以外で収益を得る方法

実は、広告掲載による収益以外にも、YouTubeで収益を得る方法はいくつかあります。

本章では、主な6つの方法について、ご紹介します。

総再生時間やチャンネル登録者数など、YouTubeパートナープログラムへの参加条件を満たしていない場合でも、これらの方法で収益化することができる場合があります。

ぜひ参考にしてみてください。

YouTube Premiumの収益

YouTube Premiumメンバーに視聴されるコンテンツを作成する方法です。

YouTube Premiumの収益は、YouTube Premiumメンバーによるコンテンツの視聴時間に基づいて、クリエイターに分配される仕組みです。

チャンネルメンバーシップ

チャンネルメンバーシップとは、視聴者が月額料金を支払うことによってチャンネルのメンバーとなり、メンバー限定の特典が受けられる制度です。

クリエイターは、メンバーからの月額料金を収益として得ることができます。

注意
チャンネルメンバーシップの利用には、下記の条件を満たす必要があります。

  • チャンネル登録者数が、1,000 人を超えている。
  • チャンネルが、YouTube パートナープログラムに参加している。
  • 18 歳以上である。
  • チャンネル所有者の居住地が、利用可能な地域に含まれている。
  • チャンネルが、子ども向けとして設定されていない。
  • チャンネル内に、ポリシーに違反する相当数の動画がない。

スーパーチャット

スーパーチャットとは、動画のライブ配信中に視聴者からコメントと支援金を受け取ることのできる機能で、課金された額の70パーセントがクリエイターの収益になります。

ライブ配信中にスーパーチャットを送ると、チャット内で目立つように固定表示されます。

さらに、購入金額に応じて、色と固定表示される時間の長さが変わります。

MEMO
メッセージに対して、スタンプを送る「スーパーステッカー」という機能もあります。

企業案件

企業から依頼を受け、商品やサービス等を動画内で紹介することで、PRの報酬を得る方法です。

宣伝に対して費用が発生する場合や、商品やサービスの購入(申し込み)があった場合に、アフィリエイト報酬が発生する場合などがあります。

MEMO
アフィリエイトの場合は、企業から直接依頼がなくても、仲介サービス(ASP)を利用することで、企業の広告を掲載することができます。

オリジナル商品の販売

自分の商品を宣伝し、販売することで、収益を得る方法です。

代表的なものをいくつか紹介します。

  • オンライン教材
  • 書籍
  • オンラインサロン
  • イベントやオフ会

グッズ紹介

オリジナルグッズの開発をし、販売することで収益を得る方法です。

グッズ紹介機能を活用すれば、YouTubeチャンネル内でも公式ブランドグッズを紹介することができます。

注意
チャンネル登録者数1万人以上のクリエイターが利用できる機能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA