【比較】YouTubeの分析・解析ツール5選おすすめのまとめ【無料・有料】

YouTubeの分析・解析ツール5選おすすめのまとめ

YouTubeの動画が「なかなか再生されない」「登録者が全然増えない」方へおすすめのYouTubeの分析・解析ツールを紹介します。

はじめてYouTubeチャンネルを運営する人が陥りがちな失敗は「検索ニーズがない動画を作り続ける」ことです。

自分が作りたい・伝えたい内容(動画)と、視聴者が見たい(求めている動画)は違います。

内容が面白く、映像のクオリティが高い動画でも検索ニーズがなければ検索されず、再生もされません。

YouTubeの分析・解析ツールを使って検索ニーズのあるキーワードやテーマを見つけることで、全く再生されない状況から抜け出すことが可能です。

より効率的にチャンネルを育てるためにも、以下で紹介しているツールを活用してみてください。

YouTube分析ツールで出来ること

それぞれのツールには、それぞれ確認・分析できる分野が異なります。

自分や他人のチャンネルを分析できるツール、人気のキーワードや急上昇の動画を調査するためのサービスなど様々です。

これらを組み合わせて、目的に合ったものを選ぶことが必要です。

自分のチャンネルを分析

自分のチャンネル全体や、投稿済みコンテンツのアクセス解析・分析を行います。

再生回数や視聴時間、クリック率などの数値だけでなく、以下のようなデータもこまめに確認してみてください。

これらのデータは、コンテンツ企画や今後の戦略に活かすことが出来るでしょう。

  • 視聴者の年齢と性別
  • 視聴者が アクセスしている時間帯
  • 視聴者が見ている他のチャンネル
  • 視聴者が再生した他の動画
  • 視聴者の増加につながっている動画

他人や競合のチャンネルを分析

アクセス解析や分析は、自分のチャンネルや動画だけでは十分とは言えません。

特に同ジャンルのチャンネルの場合は、常にアンテナを張っておく必要があります。

競合やベンチマークの調査を十分に行い、自身のコンテンツ企画に活かすことが重要です。

ジャンルやセグメントを分析

ジャンル選定やどのような属性の人をターゲットにするかなどを決定するためには、既にあるチャンネルの調査を怠ってはいけません。

初心者はもちろんですが、なかなか成果が出せず伸び悩んでいる場合にも、改めてそのジャンルがYouTube上で需要があるのかを確認してみてください。

ジャンルやターゲット設定の見直しを図り、方向転換することも戦略の一つと言えます。

キーワードの検索ボリュームの分析

YouTubeにおいて、キーワードを無視したコンテンツ企画を行うことはおすすめできません。

必ずキーワードを意識したテーマ選びを心がけましょう。

そこで必要になるデータが、キーワードの検索ボリュームです。

検索ボリュームが大きいほど、ユーザーからの需要が高いということになります。

YouTube分析ツールの比較

おすすめ度 特徴 料金 無料プラン 運営元
YouTubeアナリティクス ★★★★★ YouTube公式 ¥0 アメリカ
NoxInfluence ★★★☆☆ 網羅的に調査ができる $99~$499 あり 香港
vidIQ ★★★★☆ GoogleChrome拡張機能あり $7.5~$415 あり アメリカ
AZTECA ★★★★☆ SEO担当者が作ったサービス ¥500 あり 日本
kamui tracker ★★★★☆ 過去のタイアップ事例も調査可能 非公開 無し 日本
YT Rival FInder ★★★☆☆ Google検索上の動画が調査できる ¥3,980 無し 日本
TUBERS ★★★☆☆ データ保有数国内No.1サービス 非公開 無し 日本

【無料】YouTube分析ツール

本章では、無料で使える分析ツールを4つご紹介します。

まずはじめに、自身のコンテンツの動向を確認するために必要不可欠なYouTubeアナリティクスを利用してみましょう。

YouTubeアナリティクスで見られるのは、主に自分のチャンネルの分析に役立つデータなので、競合チャンネルのデータが必要な場合にはNoxInfluenceを利用してみてください。

また、キーワードの調査を行う場合にはvidIQAZTECAを活用すると良いでしょう。

一番大切なのはYouTubeアナリティクスをしっかりと使いこなし、自身のチャンネルを分析することです。

YouTubeアナリティクス

YouTubeアナリティクスで分析

YouTubeの公式ツールのYouTubeアナリティクスは、自分のチャンネルや動画のアクセス解析を行うためのツールです。

YouTube Sstudioで閲覧することができるので、改めてユーザー登録やインストールを行う必要がありません。

最低限、YouTubeアナリティクスは活用しましょう。

MEMO
スマートフォンの場合はYouTube Studioのアプリから閲覧することができます。

チェックできる項目(自分のみ)

  • リーチ数
    • インプレッション数
    • インプレッションのクリック率
    • 視聴回数
  • エンゲージメント数
    • 総再生時間
    • 平均視聴時間
    • 視聴者維持率
  • 視聴者数
    • リピーター
    • ユニーク視聴者数
    • チャンネル登録者
  • 収益
    • 推定収益
    • RPM(インプレッション収益)
    • CPN(有効インプレッション単価)

【有料でも無料プランあり】YouTube分析ツール

NoxInfluencer(ノックスインフルエンサー)

NoxInfluenceの口コミ

NoxInfluencerは、自分や他人のチャンネルや動画、トレンドやキーワードについて網羅的に調査できるサービスです。

機能の一つとして、24時間以内の急上昇動画を見ることができるため、トレンドを把握し、いち早く自分の企画に取り入れることが可能になります。

チェックできる項目(他者)

  • 分析
    • YouTube SEOの改善
    • 複数のチャンネルを比較
    • リアルタイムの登録者数
  • 調査
    • 人気のタイトル
    • 人気のサムネイル
    • YouTubeトレンド
    • 人気のキーワード
  • ランキング
    • 累積チャンネル登録者
    • 登録者増加率
    • 再生回数
    • 登録者減少率
    • 月間再生回数

vidIQ(ヴィッドアイキュー)

vidIQの口コミ

vidIQは、Google Chromeの拡張機能であるYouTube SEOのツールです。

特に注目すべき機能は、Avg Views(平均検索回数)という検索ボリュームを調査できる機能です。

※無料プラン使用可能

コンテンツの企画を行う前に、需要のあるキーワードなのかを事前に調査してみてください。

もし、あまりにも需要が低い場合には、テーマを考え直した方がいいでしょう。

チェックできる項目(他者)

  • 分析
    • 総再生回数
    • 平均再生回数(1日あたり)
    • 総再生回数(直近30日間)
    • 平均登録者数(1日あたり)
    • 登録者数(直近30日間)
    • 設定タグ
  • 調査
    • 最適なキーワード
    • 推奨タイトルとタグ
    • 選択したキーワードの競合のサムネイル
  • ランキング
    • 最も視聴された動画
    • 国内の人気動画

AZTECA(アステカ)

AZTECAの口コミ

AZTECAは、YouTube上にある動画の検索順位を調べるためのサービスで、クラウド上で利用することができます。

自身のコンテンツはもちろん、競合のコンテンツの検索順位などを確認・記録することも可能です。

検索ワードを入力するだけで、上位20位までの検索結果を確認できるので、主にYouTube SEOの分析に役立つサービスです。

チェックできる項目(他者)

  • 分析
    • キーワードごとの検索順位
    • 登録者数
    • 再生回数
    • 高評価や低評価
MEMO
動画のIDと検索ワードを入力して保存すると、自動的に順位を取得して記録してくれます。指定した期間内の順位の動きやトレンドを、グラフで簡単に確認することもできます。

【有料で無料プランなし】YouTube分析ツール

ここからは、中級者以上におすすめの分析ツールです。

無料のツールが使いこなせるようになったら、ぜひ有料のサービスも検討してみてください。

使える機能が広がるので、活用の仕方によっては成果に繋がるでしょう。

多くの場合トライアル期間があるので、気になるものがあれば、まずは試してみて使いやすさを確認してみることをおすすめします。

kamui tracker(カムイトラッカー)

kamui trackerの口コミ

kamui trackerは、国内最大級のYouTubeデータ分析ツールです。

登録者が1,000名以上のチャンネルを全て閲覧できる、上級者向けのサービスです。

伸びている企画をリサーチしたり、ベンチマークすべきチャンネルを探すことも可能です。

また、過去のタイアップ事例も見られるので、企業からも多く活用されています。

MEMO
登録者数が100人以上のクリエイターは、一部の機能を無料で利用することができます。

チェックできる項目(他者)

  • 分析
    • 登録しているユーザー名
    • ランクシミュレーター(自身のチャンネルが全体のどの位置にいるか)
    • タイトルやタグのキーワードアドバイス
    • キーワードランキング
  • トレンド分析
    • トレンドキーワード
    • 急上昇動画
    • 今後急成長する可能性の高いチャンネル
    • ユーチューバーランキング
  • タイアップ分析
    • 企業とユーチューバーのタイアップデータ(商品別)
    • タイアップランキング
    • 新規タイアップ動画通知機能

YT Rival FInder(ライバルファインダー)

YT Rival FInderの口コミ

YT Rival FInderは、Google検索から流入がある動画を探すサービスです。

Google検索上の動画を分析し、再生回数を伸ばす隠れた“穴場キーワード”を探すことができます。

このサービスを活用することにより、コンテンツ企画に必要となる情報が、手に取るように分かります。

チェックできる項目(他者)

  • 分析
    • 検索欄のサジェストの有無
    • 月間のインプレッション数
    • キーワードの関連動画本数
  • 調査
    • Googleトレンドの動向
    • 動画のインデックス有無
  • ランキング
    • 検索上の動画の順位
MEMO

1日の検索回数10回まで、表示キーワード数3件までであれば、登録なしでの利用ができます。もちろん費用もかかりません。

TUBERS(チューバーズ)

TUBERSの口コミ

TUBERSは、詳細な条件でのチャンネル検索ができる、データ保有数国内No.1の分析サービスです。

例えば、登録者数・ジャンル・高評価数など様々な項目で検索フィルターをかけて、データを閲覧することができます。

TUBERSでは、国内の約130,000チャンネルの情報を収集しており、さまざまな項目でチャンネル・動画の調査をすることが可能です。

チェックできる項目

  • 分析
    • チャンネル及び動画の検索
  • 調査
    • 頻繁に使われているタグのトレンド
    • タイアップの成功事例
    • 類似チャンネルのレコメンド
  • ランキング
    • チャンネルの人気ランキング
MEMO
CSVデータとして出力することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA