YouTubeショート動画の作り方と上げ方【投稿方法】

YouTubeショート動画の作り方と上げ方【投稿方法】

本章では、動画の作り方と投稿の仕方に加えて、タイトルの付け方やYouTubeショートの編集機能についてもご紹介します。

これから投稿を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

①縦長の動画を作成する

比率9:16の縦向き(1080×1920px)で、完成動画が60秒以内になるように撮影をします。

YouTubeアプリで直接撮影・編集する場合には、15秒以内にする必要があります。

MEMO
YouTubeアプリでの直接撮影の場合は、下記のような機能が利用できます。

  • 音楽の追加
  • 前後カメラの切り替え
  • 再生速度の変化(スロー・倍速)
  • タイマー機能(カウントダウン)
  • フィルタ
  • グリーンスクリーン(背景の合成)
  • テキストの挿入

②タイトルに #shortsを入れる

YouTubeのショート動画の条件は、60秒以内の縦長の動画であることです。

さらに、タイトルあるいは概要欄に「#Shorts(#shortsでも可)」を入れることで、ショート動画として認識され、YouTubeショートのプレーヤーに表示されるようになります。

③YouTubeに投稿する

現在は、スマートフォンからのみ視聴ができる機能ですが、パソコンからのアップロードも可能です。

それぞれの投稿方法は下記の通りです。

PC

基本的には、通常と同様の操作をします。

PCに保存されているビデオデータをアップロードします。

  1. YouTubeにログインする。
  2. 画面右上の【作成】をクリックする。
  3. 縦長動画をアップロードする。
  4. タイトル・動画説明を入力して、公開する。

スマホ

カメラロールのビデオデータをアップロードする方法と、アプリ内で撮影・編集を行う方法があります。

  1. YouTubeアプリにログインする。
  2. 下部の【+】をタップする。
  3. 【ショート動画を作成  ベータ版】をタップする。
  4. 15秒を超える場合は、録画ボタンの上にある【15】をタップして【60】に変更する。
  5. 撮影あるいはカメラロールから縦長動画をアップロードする。
  6. 編集作業をする
  7. タイトル・動画説明を入力して、公開する。
注意
YouTubeアプリで編集したい場合は、15秒以内に収めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA